四国中央市社会福祉協議会
四国中央市社会福祉協議会が発信する地域情報。
ファミサポ通信
H31.1.31(木)
ファミリーサポートセンター第6回講習会を開催しました。
赤十字幼児安全法指導員の赤羽栄子先生に、乳幼児の心肺蘇生とAEDの使い方や子どもの看病や手当のしかたについて教えていただきました。

1_2019022010424450f.jpg


2_20190220104245d5f.jpg


AEDや人形を前に戸惑いながらも、皆さん熱心に取り組まれていました。

3_20190220104247a1a.jpg



《みなさんの声》
・短い時間にもかかわらず、要点を押さえた講義内容で良く分かりました。AEDは恐れることなく使用できる事が分かりました。
・限られた時間、ポイントを押さえて指導していただき分かりやすかったです。不安を一人で抱えずまわりの人に声かけをかけて、また、助けてあげられる人になりたいです。まずは、声かけをしたいと思います。
・普段使う機会のないAEDを使って、人工呼吸や心肺蘇生の力加減など実際に体験できてよかった。
・とても良かったですが、もう少し時間が欲しかったです。AEDの取り扱いが簡単で自信になりました。
・AEDの使い方が分からなかったので大変助かり、今後の備えにもなりました。
・実際に胸骨圧迫や人工呼吸、AEDの操作を練習することができてとても勉強になりました。もし、心肺蘇生が必要な場面になった場合、落ち着いてできるようにシミュレーションをしたいと思います。
・いざという時、どうしたらよいだろうというのが不安だったけど、よく分かりました。実際に起きたらパニックになりそうですが、今日のことを思い出したいと思います。
・万が一の事は起こらないに越したことはありませんが、今日の講習でいざという時にも落ち着いて対処する心構えができました。詳しい話をありがとうございました。
・実習があり、経験が出来て良かった。AEDは、難しい操作だと思っていたが、実際に触れてみて、分かりやすいガイダンスがあり、自分にも使用できるものなのだと感じることができた。ありがとうございました。
・わかりやすくて、参加してよかったです。心臓マッサージは結構力がいるなあと思いました。また機会があれば参加したいと思います。
・実際にAEDを触ることができて良かったです。
・2回程講習を受けたことがありますが、うろ覚えなので、やはり定期的に講習を受けた方が、とっさの時に役に立つと思いました。
・AEDの講習は10年ぶり位に受けましたが、忘れていることもあり、改めて復習することの大切さが分かりました。
・救命救急講習は、仕事柄よく受けていたのですが、乳幼児に焦点を置いたものは初めてだったので、とても勉強になりました。子どもも見てもらえて助かりました。


四国中央市ファミリーサポートセンターの事務所が社協川之江支所に移転して1年が経ちました。30年度は、再スタートの年となり講習会にもたくさんの方々に参加していただきました。
地域で子育て家庭を支える必要性が高まっている中、これからも子育てをサポートしていきますので、お気軽にお問合せください。引き続き依頼会員・援助会員募集中です。
ファミサポにキッズスペースを設けていますので、ぜひお子さま連れでお越しください。

【申込み・問合せ先】
四国中央市ファミリーサポートセンター
四国中央市金生町下分791-2
(川之江文化センター1階/社会福祉協議会川之江支所内)
電話 28-6150(ファミサポ専用ダイヤル)



スポンサーサイト





アクセスカウンター



プロフィール

四国中央市社会福祉協議会

Author:四国中央市社会福祉協議会



最新記事



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR