四国中央市社会福祉協議会
四国中央市社会福祉協議会が発信する地域情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミサポ通信
【ファミサポ通信】
 H30.8.4(土)
第3回講習会「幼児期における遊び」について高橋恵子さんにお話をしていただきました。
3.jpg



クイズ、手遊び、チラシを使った昔懐かしい紙鉄砲を作って遊びました。
紙鉄砲


やってみよう~
ネイチャーゲーム「コウモリと蛾」
《あそび方》
1、全員で輪になって洞窟を作る。
2、コウモリとガについての話をする。
 ・コウモリは、どんな生き物?
 ・コウモリは、暗い洞窟などに住んでいて、目が見えないので超音波をだしてエサであるガを捕まえて食べている。
3、コウモリ役の人、ガの役の人、カベ役の人に分かれる。
 ・コウモリ役の人は、バンダナで目かくしをして洞窟(輪の中)に入り、ガを捕まえに行く。
 ・ガの役の人は、洞窟(輪の中)に入り、コウモリから逃げる。洞窟の中であれば、自由に逃げることができる。
 ・カベ役の人は、輪になったまま洞窟の壁となり、中にいるガが逃げ出さないように見守る。壁なのでおしゃべりはしない。声をだ  してはいけない。もし、目隠しをしているコウモリが飛び出しそうになったら、小さな声で「カベ、カベ」と教えてあげる。
4、コウモリが「バット!」と叫んだら、ガは必ず「モス!」と大きな声で応える。「バット!」という声が超音波のかわりなので、ガは必ず答えなければならない。「バットバット!」と続いたら「モスモス!」と応える。
5、コウモリ役の人は、目かくしをしているので「モス!」という声と、気配を頼りにガを捕まえに行く。
6、コウモリにタッチされるか、壁の外に出てしまったガは壁の輪に加わる。
7、ガを捕まえたら、役割を交代する。
8、あそび終わったら、自然界の「食う食われる」の関係や自然界の仕組みについて話し合う。
2.jpg

自然界の仕組みを実際に体験しながら学べる楽しいゲームでした。

最後に、プレゼントBOXを作りました。
1.jpg

シールを貼って可愛いBOXの完成です。手作りのプレゼントは、もらったら嬉しいですね。

《皆さんの声》
・久しぶりに子どもにかえって楽しく遊ばせてもらい良かったです。この手は宝、とてもいい言葉をありがとうございました。
・多くの人が参加していて、楽しい遊びや参考になる話など、色々勉強になりありがとうございました。参加してとてもよかったです。「この手は宝」とても感動した言葉でした。
・実際のあそびをすることで、子どもはこうやって学び、お友達と仲良くなるんだとわかりました。家では、本を読んだり、歌を歌って遊んだりと、子どもの楽しいことが分からず、一日一日をどう過ごしたらいいのかわかりませんでしたが、自然の中で、自分の手で、目で、鼻で、耳でたくさんのことに触れて、のびのびと成長していって欲しいと思います。
・大人も一緒になって、必死に遊ぶというのは、子育ての中でもなかなかできない時もあるので、外に出て思いっきり遊べたらと思いました。
・幼児期において大切なことを改めて教えていただきました。生活の中で遊びを見つけていく。ちょっと心にとめておきたいです。
・いろんな遊び、なつかしい遊び、新しい遊び、楽しい時間でした。いろんな時に使えるのでとてもよかったです。遊びは、とても大切ですね。
・手遊び、紙遊び、折り紙BOXなど子どもと一緒に作ると、子どもも喜びました。
・身近な素材を使った手遊びは、参考になりました。帰って子どもたちと一緒に遊ぼうと思います。
・幼児の遊びだけでなく、親子、先生と子ども、地域と子どもなど、人と人との関わりあいの重要性が、やはり大切であると改めて感じました。童心に返ってとても楽しませてもらいました。
・孫育ての参考になりました。自然の中で色々な体験をさせたいと思います。

身近なテーマをもとに、遊びに取り入れていく。直接体験することで、感動する心が育つ。
童心に返って楽しい時間を過ごし、改めて幼児期の遊びの大切さを感じました。

第4回講習会のお知らせ
第4回講習会





ファミサポ通信
【ファミサポ通信】
 H30.6.30(土)
第2回講習会「こころとからだの健康づくり」と題して、熱中症と食中毒について保健師さんにお話をしていただきました。

〇食中毒について
6月下旬には、愛媛県下で腸炎ビブリオ食中毒の注意報が発令されました。食中毒の3原則である「清潔、迅速、温度管理」に十分注意して、食中毒予防の3原則である食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」ように心がけましょう。
 
〇熱中症にならないために
・こまめに水分を補給する。
・扇風機やエアコンで温度を調整して、室温をこまめに確認する。
・日中の外出を控える。日傘や帽子を着用する。こまめな休息をとる。
・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす。 など

ここ数日は、気温も高く体調管理が大変です。体調の変化に気を付けて、暑い夏を乗り切りたいですね。今回、参加していただいたみなさんからは、これから役にたつお話が聞けてよかったとの感想をいただきました。熱中症や食中毒などに気を付けて、楽しい夏休みをお過ごしください。

第2回講習会



第3回講習会のお知らせ

第3回講習会


第4回講習会のお知らせ

第4回講習会


大洲市へ災害ボランティアバスを運行しました(7/22)
大洲市へボランティア29名、市職員3名、社協職員6名の計38名で災害ボランティアに参加しました。

お手伝いさせていただいた地区は、大洲市柚木(ゆのき)地区で、家主さんに被災当時の状況を伺うと、背丈以上の水位になったそうです。

今回、災害ボランティアバスの運行を急遽募集(7/19(木)~ホームページへ掲載)しましたが、急な募集にも関わらず、たくさんの方が参加していただきました。
作業当日は30度を超える気温の中、誰一人不満を口にすることなく、汗だくになりながらも黙々と作業に当たられる姿を見て、本当に頭が下がる思いでした。

※活動の様子を画像でお伝えしたいところですが、ご家族のプライバシーがあるので掲載を控えさせていただきます。

現在、7月29日(日)にも災害ボランティアバスの運行を予定しておりますが、現地の状況により変更する可能性があるので、運行の有無については社協HP又は四国中央市ボランティア市民活動センターHPをご確認ください。

豪雨災害ボランティアバス運行のお知らせ


ファミサポ通信
【ファミサポ通信】
 H30.5.20(日)第1回講習会を開催しました。
子育てネットワークえひめの山本由美子先生に、子育て支援の必要性についてお話していただきました。
子どもの育ちを地域で見守ることの大切さを改めて感じました。
IMG_7850.jpg


コミュニケーション能力は、人と人との遊びの中で育つということをゲームを通して実感しました。
IMG_7849.jpg

この後、ひとりずつハラハラドキドキしながら積み木を抜いていったのですが、なかなか崩れなくて、この時、皆さんの一体感からコミュニケーション力を感じました。


楽しいゲームがたくさんあり、おすすめです
IMG_7848.jpg

IMG_7847.jpg

IMG_7846.jpg


参加者の感想
・先生のお話が、とてもわかりやすく、地域のつながりのたいせつさをより強く感じました。
・子育て支援について具体的な活動をされていることがわかって勉強になりました。
・情報提供の大切さを改めて感じました。
・ためになり、楽しみながらの講習会でした。参加させていただき良かったです。もっとたくさんの方が参加したらいいのにと思いました。
・コミュニケーションが苦手な人でも、ゲームを通じて共感したり、励ましたりすることが出来て素晴らしいと思いました。
・相談できる人が近くにいてくれるのが、重要だと改めて思いました。教えていただいたことを親子さんとの関わりの中で活かしていこうと思います。もっとたくさんお話を聞きたいと思いました。
・目からウロコの内容がありました。ゲームで心が和みました。
・これからの子育てにぜひボードゲームやカード、積み木など一緒に楽しめるものを取り入れたいと思います。
・子育てについてまだまだ知らないことばかりで参考になりました。積み木の良さがわかり、ゲームも楽しめました。
・童心に帰って色々なおもちゃや積み木遊びが楽しめました。自分の子育ての時と違う体験ができて良かったです。
・普段、テレビやお絵かきなど子どもだけで遊ばせることが多いので、カードゲームや積み木遊びはみんな一緒になって楽しめるのでいいと思いました。カードゲームは、子どもの年齢や成長に合わせて色々な種類があるのだと感心しました。

ご参加頂いた皆さま、有難うございました。

第2回講習会のお知らせ

『こころとからだの健康づくり』
これからの季節は、熱中症や食中毒などが心配ですね。今回の講習会では、子どもの健康状態の観察方法や子どものかかりやすい熱中症や食中毒の予防と看護の方法について学びます。ご家庭や地域での子育てのお役にたてればと願っています。
子育て中の皆さん、子育てに関心ある皆さんのご参加を心よりお待ちしています。

【日 時】  平成30年6月30日( 土 )10:00~11:30
【場 所】  四国中央市保健センター 2階 健康指導室
(四国中央市三島宮川4丁目6番53号)
【内 容】 ・適正受診DVD鑑賞・ 熱中症と食中毒などについて・育児相談
【講 師】 四国中央市保健師 髙橋敬子さん 安藤千恵さん
【対 象】 ファミリーサポートセンター会員&子育てに関心のある市民の皆さん
20名程度  ※託児スペースもご用意しています。
【参加費】 無料
【申込み】 四国中央市ファミリーサポートセンターまでご連絡ください。
※当日参加も大丈夫ですので、お気軽にご参加ください。

【問合せ先】
四国中央市ファミリーサポートセンター
四国中央市金生町下分791-2
川之江文化センター1階/社会福祉協議会川之江支所内
電話 28-6150(ファミサポ専用ダイヤル)



子育て支援講習会
《四国中央市ファミリーサポートセンター講習会のご案内》
              
 今回の講習会では、子育てネットワークえひめの山本由美子先生を講師に迎え、これからの子育て支援の必要性についてお話していただきます。先生は県外から愛媛県に来られ何もかも不安だった新しい街での子育てが、地域の温かい支えにより変わった経験をお持ちです。ふたりの息子さんも地域の皆さんに支えられスクスクと成長し、恩返しがしたいという思いから子育てネットワークえひめを設立されました。
 不安な毎日を送られている方や、仕事と子育ての両立で悩まれている方を地域の皆さんで支えていけたらという願いをこめて、開催いたします。
 子育て中の皆さん、子育てを応援する地域住民の皆さんのご参加を心よりお待ちしています。
       
【日 時】 平成30年5月20日(日)13:30~15:30
【場 所】 四国中央市保健センター1階 集団指導検診室 (三島宮川4丁目6番53号)
【内 容】 子どもの育ちを地域で見守る
     ~いまどきの子育てから見えてくること~
【講 師】 NPO法人子育てネットワークえひめ代表理事
      ヒューマンアカデミー チャイルドマインダー講師 山本由美子 先生

◆講師プロフィール◆
福岡県生まれ。保育所を退職と同時に松山へ。長男が1歳の時に参加した育児サークルで出会った子育て仲間と、次世代の子育てを応援したいとボランティア活動をスタート。その後、時代の流れ、子育て支援の必要性が急速に高まったことで、平成12年にNPO法人子育てネットワークえひめを設立。保育士・幼稚園教諭、ベビーマッサージ、インストラクター、カナダの子育て支援プログラムのファシリテーターなどの資格を持ち、自身の子育て経験から親子が日常的に集まる場の重要性を感じて、「子育てひろば」活動に積極的に取り組んでいます。

3 山本由美子先生



【対 象】 ファミリーサポートセンター会員 & 子育てに関心のある市民の皆さん
       ※託児スペースもご用意しています。
【参加費】 無料
【申込み】 四国中央市ファミリーサポートセンターまでご連絡ください。
       ※申込人数が会場の収容人数に達し次第、締め切らせていただきます。
【問合せ】 四国中央市ファミリーサポートセンター
       四国中央市金生町下分791-2
       (川之江文化センター1階/社会福祉協議会川之江支所内)
       電話 28-6150(ファミサポ専用ダイヤル)



アクセスカウンター



プロフィール

四国中央市社会福祉協議会

Author:四国中央市社会福祉協議会



最新記事



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。